名古屋大学 分子・物質合成プラットフォーム

menu

発光・蛍光in vivoイメージングシステム | 機種:PerkinElmer社製、IVIS Lumina K ver4.4

[概要]

最新のEMCCDカメラを搭載し、さらに微弱なシグナルを検出するEM Gain機能が付加されたことにより、発光、蛍光による動画撮影が可能となった小動物用in vivoイメージングシステム。外部から各種試薬を注入可能なSyringe Injection Sytemを装備しており、ゼロタイムからラベル化細胞、薬物などの動態観察が可能。

[主な仕様]
  • カメラセンサー:グレード1, 薄型背面照射型冷却CCD, フレームトランスファ型
  • CCDサイズ:13×13mm、・画素数:1024×1024ピクセル
  • 量子効率:>85%, 500-700 nm、>30%, 400-900 nm
  • ピクセルサイズ:13 microns、・検出限界:100 photons/s/sr/cm2
  • 最小ピクセル解像度:50 microns