名古屋大学 分子・物質合成プラットフォーム

menu

円二色性検出器 | 機種:JASCO社製 CD-2095 Plus

[概要]

220~420nmに円二色性の吸収を持つ光学異性体を、高感度に選択性よく測定できる検出器です。 ChromNAVを用いることでCD、UV両方のクロマトグラムを同時に得ることができ、 g-factor(CDとUVの出力信号比)をリアルタイムでモニタすることが可能です。 また、ストップドフローにより、CDおよびUVのスペクトル測定が可能で、より詳細な光学活性物質の情報を得ることができます。 旋光度検出器に比べ、10~100倍の高感度を有します。

[仕様]
モデル名 CD-2095
光源 Hg-Xeランプ
測定波長範囲 220~420nm(UV、CD共)
測光方式 PEM変調方式(シングルビーム)
スペクトル測定 220~420nm固定(UV、CD共)